【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

公開日: : 最終更新日:2017/08/10 東京マルイ MP5K

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

18年前に買った東京マルイ製MP5クルツの現在でも書いたように所有している古くて汚いクルツをオーバーホールして中も外もキレイにしてやろうという計画ですが前回はとりあえず金属パーツが汚くて見苦しかったのでサクッと塗装してみました。

【MP5K 再生計画 #1】金属パーツをブラックに塗装してみた。

そして今回はというとクルツのチャンバー周りを分解&清掃して劣化したパーツ類を交換してみたいと思います。正直クルツのチャンバーを分解するのは今回が初めてで結構戸惑うこともありましたがなんとかチャンバー周りのオーバーホールもできたのでその内容を記しておきます。

インナーバレル&チャンバーユニット一式を取り出す

MP5K チャンバー分解・清掃・パッキン交換

フレームロックピン、レシーバーキャップ、メカボックス後ろのコードを外してアッパーレシーバーを銃口方向にスライドさせてあっぱーレシーバーを取り外します。

チャンバーユニットはアッパーから簡単に引っこ抜くことができます。




チャンバーユニットの分解

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

今回はチャンバーをバラバラに分解してしまうので必要ないかもしれませんがインナーバレルだけ抜き取る場合やパッキンの交換だけ行う場合はHOPUPレバーを画像矢印の方向(ホップ無しの状態)にしてから分解するのが正しい方法のようです。ホップがかかった状態でインナーバレルを抜こうとするとパッキンを痛めたり最悪バレルも痛めてしまうので注意が必要。

パッキンの寿命を延ばすためにも撃ち終わったらホップアップレバーはホップ無しの状態にしておく癖がつくといいですね。

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

HOPUPレバーを固定しているプラスネジを外します。精密ドライバーぐらいの小さめのドライバーがいいですね。

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

反対側にもあるので外します。これでHOPUPレバーを外すことができます。

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

次にHOPUPレバーと連動しているHOPチャンバーアームを外します。画像矢印の部分のピンを抜きます。

DSC01833

すると画像のHOPチャンバーアームが取り出せます。一緒にパッキンの押しゴムも取り出せるのでなくさないようにしましょう。

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

次にインナーバレルを固定しているロックパーツ(画像中央)を取り外します。このパーツはインナーバレルに切ってある溝にツメでかかって固定されています。結構外しにくいのですがパーツ自体が樹脂製で破損しやすいので注意が必要🔻

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

分かりにくいかもしれませんが自分は小さなマイナスドライバーを画像の部分に差し込んで梃子の要領でパーツを上に押し上げて取り外しました。この時パーツのツメがバレルの溝から離れた瞬間に「パチン!」という音と共にどこかへ飛んでいったので紛失注意です(無事見つかりました)

DSC01834

先ほど飛んでいったパーツが取り外せるとインナーバレルが抜き取れるようになります。抜いた時にパッキンがバレルと一緒について抜ける場合とパッキンはチャンバー内に残ってバレルだけ抜けるパターンがあると思いますが自分は一緒に抜けました。

DSC01835

取り出したパッキンを見てみると先端が切れています。取り出す際に切れたのか、チャンバー内に収まっている時に切れたのかは不明ですがこれでは使用できないので新しいパッキンを用意する必要がありそうです。

パッキン自体も経年劣化によりかなり硬化していて押しゴムが当たる部分もしっかりと痕が残っています。さすがに18年も交換していないと消耗品はダメになりますね。

DSC01836

インナーバレルもかなり汚れと錆びが激しいです。幸いバレルの内側には傷がなかったのできれいにしてあげれば使えそうです。

各パーツの脱脂・洗浄

分解したチャンバーやHOPUPレバーなどの樹脂製パーツは中性洗剤で洗いグリスと汚れを落としたらしっかり乾かします。インナーバレルは錆もかなり浮いてきていたので今回は「磨き」にもチャレンジしてみます。その前にパーツクリーナーを吹きかけてグリスや汚れをざっと落とし中性洗剤でかるく洗います。

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

インナーバレルの「磨き」に使うコンパウンドです。ピカールなんかがよく使われていますが自分はこれです。超微粒子の研磨剤で油や錆、くすみをキレイに落とします。

丁度いい布(ウエス)がなかったのでティッシュにコンパウンドを適量つけてバレルを磨きます。バレルの内側も磨きましたが内径が狂ってしまわないか少し不安だったので軽く磨く程度にしました。

磨き終わったら余分なコンパウンドをきれいに洗い流します。

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

磨き終わったクルツのインナーバレル。見違える程キレイになりました。ピッカピカですね。丸いのはバレルマウントリングです。これもざっと磨いてあります。

今回自分はやらなかったのですがインナーバレルの内側は最後に無水エタノールで軽く拭き上げた方がいいようですね。

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

さぁ、あとは組み込むだけです。交換する新しいパッキンも届いたのでちゃちゃっと組み込みます。

ホップアップパッキンの交換&組み込み

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

交換するパッキンはどれにしようか悩みましたが今回は無難に東京マルイ純正のパッキンを用意してみました。押しゴムもセットになっています。ついでにマルイのグリスも。

【MP5K 再生計画 #2】 チャンバー分解&ホップアップパッキン交換

あぁ〜っと、いきなりもう組み込み完了状態ですがお許しください。

自分の場合の組み込み手順は以下、

  1. パッキンをインナーバレルに差し込む
  2. マルイ純正シリコングリスをパッキンの外側に薄く塗る
  3. バレル&パッキンをチャンバーに差し込む(穴が空いている方が上になるよう入れる)
  4. バレルを固定しているツメの付いたロックパーツを取り付ける
  5. 押しゴムとそれを抑えているHOPチャンバーアームを取り付ける
  6. HOPUPレバーを取り付ける(プラスネジも締める)

あとはバレルを覗き込みながらHOPUPレバーを前後に動かしHOPUPレバー、ピンで留まっているパーツ、押しゴムの3つがしっかり連動して機能しているか確認します。

補足:発射されたBB弾が通過した際、パッキンに引っかからないよう純正のパッキンの内側にはシリコンオイルを薄く塗って綿棒等でよく馴染ませた方がいいようです。

又、インナーバレルの内側にシリコンオイルを吹きかける方も多いようですがホコリやゴミが付着しやすくなるためインナーの内側にシリコンオイルは×という考え方もあるみたいですね。

まとめ

初めてクルツのチャンバーを分解しましたがなかなか面白かったです。インナーバレルの磨き作業とか癖になりますね。クルツの再生計画はまだまだ続きますが次はなにをしようかな?ヒューズとかその周りの配線関係とかかな?

次回につづく…

関連記事

【MP5K 再生計画 #6】メカボックス内部パーツの洗浄と交換するパーツあれこれ

前回の記事からだいぶ間が空いてしまいましたがMP5K再生計画もいよいよ後半戦!頑張ってやっていきます

記事を読む

【MP5K 再生計画 #1】金属パーツをブラックに塗装してみた。

K(クルツ)の金属パーツが黒染めに失敗して放置していたのもあってとても汚い状態だったのでつや消しブラ

記事を読む

【MP5K 再生計画 #3】アッパーレシーバー側の劣化したケーブル・接続端子・ヒューズを取り外す

東京マルイのMP5K再生計画第三回目ということで今回はアッパーレシーバー側に這わせてあるケー

記事を読む

【MP5K 再生計画 #5】ver.3メカボックスを分解する

MP5K再生計画第5回目はいよいよクルツのメカボックスを分解していきますよ!クルツのメカボは

記事を読む

【MP5K 再生計画 #4】アッパーレシーバー側のケーブル類を社外品に交換する

前回に引き続きMP5Kアッパー側ケーブル類の交換をしていきたいと思います。前回はクルツ本体か

記事を読む

【MP5K 再生計画】18年前に買った東京マルイ製MP5クルツの現在

18年前に買ったと言っても実際には私の父が購入したものなんですがいつからか私の手元にありますw

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP ↑